コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

中部飼料の宣言

企業価値の継続的な向上のために、コーポレートガバナンスの強化・充実に努めます。

関連するSDGs
16 平和と公正をすべての人に

基本的な考え方

当社は、社会から信頼される企業であり続け、株主、顧客、従業員などに対し企業価値を高めていくことが経営の最重要課題であるとの認識のもと、コーポレートガバナンスの強化、充実に取り組んでおります。

具体的な取り組み

コーポレートガバナンスの体制

① 取締役会

当社の取締役会は、取締役8名(うち社外取締役3名)で構成されており、法令及び定款に定められた事項、権限規程である職務責任基準表に基づき取締役会決定事項に該当する営業上、経営上の重要な案件について十分な検討の上決議するとともに、事業計画の遂行状況、技術開発計画の実施状況、財務・法務に関する重要事項などについても議論し対応等を審議しております。

② 監査役会

当社は、監査役会制度を採用しております。監査役会は、監査役4名(うち社外監査役3名)で構成されており、監査方針と分担を定め、各監査役がそれに従い取締役会をはじめ社内の重要な会議に出席するとともに、各事業所・工場及び関係会社への往査を実施し、取締役の業務遂行を十分に監視できる体制としております。

③ 経営協議会

各種事業上、経営上の検討案件及び取締役会議案についての協議を行う場として、社長、飼料本部長、事業本部長、管理本部長及び各副本部長で構成される経営協議会を開催しております。経営協議会には、常勤監査役も出席し意見を述べております。毎月2回の定期開催のほか、必要に応じて随時開催し、経営課題に対し機動的に対応しております。

④ 内部統制システム

当社の内部統制システムにつきましては、企業法務や経営管理業務に精通している社外取締役が独立・公正な立場から当社の業務執行を監督し、また経営や財務等に関する高度な見識を有する社外監査役3名及び当社業務に精通した常勤監査役が会計監査人及び内部監査担当部門である内部監査室と連携して厳格な監査を実施しております。

また、当社の子会社の業務の適正を確保するため、当社の総務人事部が、当社及びグループ各社間での内部統制に関する協議、情報の共有化、指示・要請の伝達が効率的に行われるシステムを含む体制を構築しております。

当社のコーポレートガバナンスの体制図は、図の通りです。

内部統制システムの図

取締役会の実効性評価

当社では、取締役会の機能を向上させ、ひいては企業価値を高めることを目的として、取締役会の実効性について、毎年分析・評価を実施しております。具体的には、2020年4月に取締役・監査役を対象としたアンケート及びインタビューを、外部機関に直接回答する方法で実施し、外部機関からの集計結果の報告を踏まえ、取締役会において、分析・評価を行いました。

その結果、前回の課題に対する一部改善が確認されるとともに、おおむね肯定的な評価が得られており、取締役会全体の実効性については確保されていると認識しております。

一方で、経営戦略・計画等に関する議論のさらなる充実及び、社外役員に対する支援体制の強化などの課題についても共有しました。

プラスワン

また、当社の取締役会では本実効性評価を踏まえ、課題について十分な検討を行った上で迅速に対応し、取締役会の機能を高める取り組みを継続的に進めております。